スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【THE WIZ】

THE WIZ、観てきました。
相方さんは相当懐かしかった様子。
面白かったです♪

映像を駆使していたり、ウィキッドを思わせるシーンがあったり。

一幕はかなり元の舞台に忠実だったみたい。
時事ネタで笑いをとってたり、かなりはちゃめちゃではあったけど♪

二幕は結構迷走した感があります(笑)
ウィズ陛下のくだりが長すぎる!

友情出演的なポジションの人が、一番滑舌が悪くて何言ってるかわかんなくって、長々とワンマンショーをやって、しかもカーテンコール、主役のドロシーをさしおいて一番最後に出てくるってどーなんだろう!?

俳優さんは嫌いじゃないんだけど、演出の意図はよくわからんです。

AKB増田さん、聴かせてくれましたー。
一幕はとても丁寧に演じていて好感♪
二幕、ちょっと雑に感じて残念でした。
早口で強弱つけてまくし立てれば、感情込めてるように聞こえる的な、
よくないパターンに陥っていたような・・・
でも、最後の「HOME」はぐっと来ましたよ!

ボス!
ボスよかった!
ぶっちゃけRATSのときよりめちゃめちゃよかったです!
やっぱりボスの歌いいなぁ( ノД`)・・・

アンコールの最後の最後、みんなで手を繋いで、ボスが「ありがとうございました!」って言ってて。
ちょっとライブを思い出した。
かかし、ブリキ男、ライオン、ドロシーのダンスバトルではクランプ踊ってたし。

ダンスナンバーは楽しめたし、個性的なキャストがいい味を出してたし、なんだかんだ楽しんできました。

カーテンコールでも再び出てくる歓喜の歌「ブランニュー・ディ」は、正直もう少し聴かせてほしかったなぁ。
アンサンブルもドロシーも必死過ぎて聞きぐるしい。
・・・ってお前何様なんだ(^^;

あ、でもカーテンコールでは、森久美さんのフェイクが加わって別物になってました♪

国際フォーラムは行けないなぁ。
チケ代が高すぎる。

映画また観たいな♪


追伸
「THE WIZ」で検索して来られた方がいらっしゃいましたら。
元DA PUMPファンとしていろいろと複雑な心情があり、
100%素直には舞台を楽しめない心境であることを加味してお読みいただけると幸いです♪


スポンサーサイト

「コーラスライン」が観たい!

珍しく四季じゃなく・・・
今赤坂ACTシアターでやってるブロードウェイ来日公演。

どうせ高いよなーってスルーしてたんだけど、
この来日公演のドキュメンタリー番組を見ちゃったら俄然興味が・・・

やっぱりオーディション風景とか見ちゃうとね。
その光景がまんま作品と重なるから。

びっくりして思わず巻き戻したのが、
2006年の再演の際のオーディション風景。
映画「ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」の映像なんだけど、
タイスが映ってた!!!

「誰!?」って感じですよね(^^;


アメリカのダンス番組「アメリカン・ダンスアイドル(So You Think You Can Dance)」で
コンテンポラリーやミュージカルの振り付けをしているタイス・ディオリオ。

このブログで最初にこの番組の話題を出したときに、
乳がんをテーマにしたダンスの話を書いたんだけど、それを振り付けた人です。

「3分ください」

彼の振り付けにはストーリーがあって本当に美しくて、大好きなんです。

そっかぁ・・・ダンサーとして「コーラスライン」のオーディション受けてて
しかも落ちたのか(^^;

今はダンサーとしての仕事はしていないのかしら???

気になるところだけど、
この番組関係のことは、深入りするとまだ見てないシーズンの優勝者を知ってしまう恐れがあるから(^^;
うかつに検索できないんですよね(笑)

映画の中では彼のインタビューの場面もあるみたいで・・・
映画、もう一度観たいな♪


今回の来日公演。
別にそのタイスが出てるわけじゃないけど。
初演コニー役のバイヨーク・リーがマイケル・ベネットの意思を受け継いでつくり上げた作品。
うーん・・・観たいなぁぁぁ。

【レ・ミゼラブル】

久しぶりに、四季劇場以外の劇場に行ってきました♪

110601_teigeki.jpg

帝国劇場 【レ・ミゼラブル】!

ロンドンオリジナル版の演出が大きく変わるので、
今回の演出で観られるのはこれが最後だそうな。
それだけなら食いつかないんだけど、
最後ということで初演からこの作品を支えて来たスペシャルキャストがご出演されると!

まだ観たことのない加賀丈史さんのジャベールに、
もう観られないと思っていた島田歌穂さんのエポニーヌ、
そして、ジャベールよりも一生この役をやりとおしてほしいとさえ思う
岡幸二郎さんのアンジョルラス・・・

たっぷり楽しんできました。

意外だったのが石川禅さんのマリウス。
マリウスという役そのものが共感できなくて、
誰が演じても印象に残らなくて、
石川さんが唯一マリウスという役を理解させてくれたキャストではあるんだけど・・・
でもそれほど強烈な印象ではなかった。
まー!!今回のマリウスったら!
1幕はやけにウキウキしてるし、2幕も全力投球で、
このマリウスなら惚れるなと思った(笑)
神田沙也加のコゼットでほんとにいいの!? 本気で愛してると言える??ねぇマリウス!(笑)

観劇後のお楽しみは「牛タン ねぎし」で牛とディープキス。

110601_negishi.jpg


おまけの「今日のツーちゃんとガイちゃん」

110601_swallow.jpg


「まじっすか!?」

歌舞伎座さよなら公演 9月大歌舞伎 夜の部に行ってきました♪

歌舞伎座

歌舞伎・・・何年ぶりだろ?
学生の頃新聞屋さんのタダ券でよく行ってて、
社会人になってからも何度か行ったかな?
3階席専門。

今回は吉右衛門さまと幸四郎さんの兄弟共演!
相方がもう行く気満々で。
初めて2階席で観ました。
1階席・・・観たかったけどなぁぁぁ。 ちと手が出ません(^^;

「勧進帳」は、幸四郎さんの弁慶に吉右衛門さまの富樫、染五郎の義経。
いや・・・なんというかもう・・・
圧倒されました。
弁慶と富樫の手に汗握る問答や義経を見とがめた時の富樫の身のこなし、
義経に涙を流して詫びる弁慶、そして弁慶の舞。

「芸」と「美」にただただ溜息ですよ♪

あとね、この演目のイヤホンガイドがなんだか面白くて、
イヤホンガイドに反応して笑いが起きてた(笑)

「松竹梅湯島掛額」は八百屋お七のお話。
吉祥院お土砂の場はおどけた紅長さん、吉右衛門さまがもう面白くて面白くて♪
いくら笑劇だからって、「まじっすかっ!?」ってそんな(笑)

カウントダウン四ツ木戸火の見櫓の場は一転お七の見せ場。
福助さんの‘人形振り’が見事! ・・・と言うしか♪

たっぷり楽しませていただきました♪

建て替えまでカウントダウンが始まった歌舞伎座・・・

通うか!?

1階席で観たいぞ!!
【プロフィール】

プレ

Author:プレ
琉-UNITとダンスと劇団四季に夢中なプレのレッスン日誌と観劇記。
さらっとカツカツと書き記します。
□KEN'S STYLE DANCE COMPANY
□SHAKE DANCE STUDIO
■琉-CLUB

【おすすめ】
【カテゴリー】
【おすすめ劇団四季】
【リンク】
【コメント】
【月別書庫】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。