スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わり身早すぎだし

今更だし・・・
私ってば何やっちゃってんだろう!?・・・ってゆー。

あ゛ー・・・もー!もー!もー!!

はぁ。

買いました。・・・さまーらいだー。

オフ会の告知とかと重なって、なんだか気持がDA PUMPモードに入っちゃって。
ファンやってて楽しかったころを思い出す・・・
気持ちが冷めないうちに行動に移しとくかなと思って。

だって、今まで通りだとライブが終わったら当分ひきこもるでしょ?あの人たち(笑)

そうなったら萎えるもん(^^;

アマゾンでポチっとクリックするのをなんとなく思いとどまって、
お買い物のついでに新☆堂へ。
J-POPのタ行に「DA PUMP」コーナーがないのに軽くショックを受けましたね。
まぁそれが現実。
昔は「ふぃーりんぐー」から発売順に並べ変えるの好きだったな(笑)

PVの頭に入ってるのはカップリングのトラックだったのねー。
ちらっと入ってるの、女性の声だと思ってた。
ライブで聴いたら気持ちよさそうな曲だし・・・

3曲目ってば師匠のカバーじゃん!!!
「師匠」とかもーすごい懐かしいし。

「今更・・・」とか思わないようにしよう。素直にうれしい。
ラップリリックがなんかずしんと響く・・・
やばい。これ好きすぎる。


やっぱISSAの歌声いいなぁ・・・


ライブで盛り上がってるのが目に浮かぶし・・・


やっぱDA PUMP好きなんだなー・・・


やばい。
気持が芋づる式に・・・ライ



いや。これは口にしないほうがいい・・・
スポンサーサイト

さっそく

PCタイムのBGMがDA PUMPだったり・・・

昔のシングルだけどね。
・・・それは逆効果じゃないのか!?
リハビリリハビリ(笑)

 ※サイトに19日のちょっとした告知を載せてますので、DPな方はチェックチェック!

SUMMER RIDER・・・買ってみようかなんて思い始めた自分に戸惑い気味。

心境の変化は突然に

あんなに好きだったヒトタチなのに、追うこと(待つこと?)を辞めたらものすごく気持ちが楽に、心が穏やかになったのよね・・・

もう好きだったヒトタチとは全く別物だし。

でもきっぱり離れることはできなくて、
姿を観ると心がざわついて。

ファンサイトなんか未練がましく残してるからだとも思ったけど、あれはやっぱり大事な‘証’なんだよね。


ちょっと前向きにぐだぐだします。
何がお前をそうさせたと聞かれても、ちょっとした心境の変化としか・・・(^^;
どぞ→

続きを読む»

【ユタと不思議な仲間たち】

相方さんは都心で会議。
あら、時間的にちょうどいいわね♪
あら、この日イベントがあるみたいよ♪
ということでチケット確保♪♪♪
特製チャーム コンプリートならず!
夏休み期間中、上演5作品のうち2作品以上を観劇すると作品の特製チャームがもらえるという特別企画。
当初手持ちのチケットは1作品だけだったはずなのに、結局4作品分集まってしまいました。
今ケータイストラップがすごいことになってます。
年甲斐もなく・・・

作品の感想も書きたいとこだけど、そのあとのイベントが凄かった!
舞台に上がってステージ裏を見せてくれたんだけど、もー立ち入り放題触り放題で♪

以前同じ作品の同じイベントに参加した時は、一番大きなセットには触らせてくれなかったのね。
危ないし立ち入らないようにって。
今回もきっとそうだと思ってたら、そんな注意もないし、どんどん入ってどんどん触っちゃってるし!
なんかテンションあがっちゃって、いつもならおとなしく「へー」「ほー」って見てるだけのに、スタッフさんにどんどん質問しちゃったりして。
あと、バックステージツアーって舞台監督さん・スタッフさんが進行・説明してくれることが多いのに、いきなり寅吉じっちゃ出てくるし♪
大作・一郎・ダンジャ・桃子出てくるし♪
一郎・・・というか厂原くんは握手攻めにあってるし(^^;
そうそう、普段暗幕の後ろで行われてる場面転換も見せてくれたり!

最近のこういうイベント、サービス精神旺盛すぎなんだけどいいのかなぁ・・・(^^;

ま、集客企画だろうとなんだろうと、結局楽しませてもらっているので大歓迎です。
なくても観に来るし。
俳優さんのコンディションに、大きな負担にならなければね♪


キャスト↓

続きを読む»

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

場所より環境

バラでもいいから1階席でと、3枚バラバラでとった「ライオンキング」S席1階。
きれいに左ブロック、真ん中のベストポジション、いっちばん右端と別れていて、公平に裏返しにしてそれぞれ引きました。

私の席はいっちばん右端。
右がいないのと、子供がいなかったので結構ゆったり観れました。
見切れるシーンもわずかだし。
なかなかよかったんじゃないかと・・・

ベストポジションを引いたのは相方。
残念ながらこの日うるさかった数人の子供が、全部相方の席の後ろにいたみたいで・・・
泣き叫ぶ声と叱る親の声がうるさくて全然集中できなかったのだとか。

そうなんだよね。
「席の良し悪しより、周りの環境次第だよね」
って言ってたんだよね(^^;

左ブロックを引いた相方の職場の方が、結局一番当たりだったみたい。
この方、過去の観劇では‘迷惑な拍ずれ手拍子&歌も歌っちゃうよ女さん’に遭遇し、全く舞台を楽しめなかったそう。
3回目にしてやっと舞台を観ることができた!
・・・って言ってもらえたので、結局それでよかったんじゃないかと。
一件落着です。・・・なんのこっちゃ。

私の席も、「まぁいいほうじゃない?」程度で実はあまりよくはなかったんだよね。

前の前にすんごい背の高い人、だから前の女性がしきりに頭を左右に振る。
隣のお子さんのほうがよっぽどお行儀よく観てますが?
しかも1幕にはバッグ、2幕にはたっぷり液体の入ったペットボトルを床に落とす。
ペットボトルは場内響き渡ってたよ・・・

隣のお兄さんは興味がないのか斜めってる。
そのままじっとしてるならいいんだけど、
しきりに体を動かすから後ろの人はうざかったろうなぁ。
お気の毒さまです。

そして後ろの女性は買い物袋を膝の上に乗せたまま観劇。
そのビニールのシャリシャリ音は、自分はうるさくないのか不思議でしょうがない。

・・・ってか、前の女性にしても後ろの女性にしても、膝の上に荷物だの買い物袋だのペットボトルだのいろいろのっけたまま観て、よく平気だよなぁぁと思う。
床に置きたくない気持ちはわからなくもないけど、
だったら最低限落としたり音を立てたりしないでほしい。

ライオンキングはお子さん多いから、ある程度騒がしくてもしょうがないかなという部分はある。
だからって大人の観劇レベルまで下げてもらっちゃ困るんだけどなぁ・・・

8か月ぶりの【LK】、その後は?

昨日、春の目覚めの前に前日予約。
お盆休み、そしてもうすぐ千秋楽に加えて新たなキャストが登場した「ウィキッド」は当然完売で、じゃあ久しぶりに「ライオンキング」観るか♪・・・と思ったら、こっちも並びの席が取れなかった・・・(^^;

相方の職場の人も含め3枚、並びなら2階C席だというので1階席をバラバラでとりました。
席は公平にくじ引き。
この良し悪しの顛末は別に書きます。・・・なかなか面白かった。

久しぶりのライオンキング、金田ムファサと金森スカーがとにかくすごかった!!
美声と圧倒的パワーで歌い上げるムファサ。
ヤングシンバに見せるひきつった作り笑顔と、ハイエナたちに見せる裏の顔の切り替えが激しいスカー。

ほかのキャストもしっかり演じきっていて、とぉぉぉってもバランスが良かったと思う♪
ヤングシンバクンは笑いのつぼを押さえているし、
ザズも器用にくるくる動き回っていたし、
ティモン・プンバァコンビもよかったなぁ♪♪♪
あとシンガー2さん、豊かな声量で聴かせてくれました♪

・・・なんて偉そうな感想なんでしょ(^^;

初見の島村シンバ、もうちょっと高音にパンチが欲しいとこだけど
正統派2枚目シンバって感じでよかったです♪
あっきーシンバを素直に継承してる感じ?

・・・偉そうついでに書いてみた。

さてこのあとどうするか・・・

温泉施設で汗を流してガンダムのライトアップ見に行く?
って言ってたんだけど・・・
いや、たぶん相方は8割方決めていたと思う。

一緒に観劇した方は今週もう2度も観ているというのに、「観たい」とか言うし。
私たち昨日観ただろ昨日!

ま、いっか♪

当日券売り場があくまで生ビールでのどを潤し、
いそいそとお隣の自由劇場へ。
あれ?今日もなにかイベントあったっけ??
って思わず確認しちゃうほど行列ができてたけど、無事チケットゲットしました。

ええ、昨日観た「春のめざめ」をもう一度観ましたが何か?

千秋楽も間近になってドドはまり。
一度は最前列で観たかったし、2階席でも観たかったけど、
とりあえず残りチケットは1回分のみ。

楽しみます♪♪♪


キャスト↓

続きを読む»

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

【春のめざめ】に目覚める!?

やっととれた相方の連休♪
一泊遠出も疲れるし、じゃあ都心に泊まろうかと。
そう言ってる時点でどんなスケジュールになるかは決まってるんだけど・・・

とりあえず1日目は「春のめざめ」を観ることに♪

この日は運よくリハーサル見学会の日。
受付を済ませて劇場内に入ると、「ブチギレそう」のシーンのリハーサル中。
ステージシートのLに志村さんと林さん。
関西弁のイントネーションできびきび指示を出してるのは・・・
エルンストの竹内くん?
なよっとしたエルンストのイメージしかなかったので、ちょっとびっくりしました。
彼がダンスキャプテンなのかな??

シーン自体も確かに激しいシーンだけど、
少し流しては止め、細かい指示、またやってだめだし・・・の繰り返しがとにかく熱いのにびっくり。
やってる男性キャストもゼイゼイ言ってるし、なぜか指示を出してるエルンストが汗だく。
ハンシェン一和くんを後ろから羽交い絞めにして、
「しばりつけられてるところからもがいて逃げようとするように激しく」
だとか、
「下からおなかを殴られているように、もっと激しく!もっと!」
などなど。

この動きにはこんな意図がある、だからもっとこうしよう!
・・・って、そこだけ聞くと「今更?」と思ってしまいそうだけど、日々のこうした努力で作品のレベルが保たれるのね・・・
最後エルンストも加わって通してみるときには、最前列に座っていた女性に「見ててね」と。
この方、演出助手の宇垣さんとか有美さんとかかなぁ・・と思っていたら、顔は見えなかったけどたぶんマルタの勝間さん。
最後にダメ出しをしてたのは林さん。

あと音楽に関しては、ゲオルグ白瀬くんがピアノのお姉さんと確認をとりながら時々アドバイスしてました。

ほかの作品では当たり前の光景だけど、若いキャストばかりのこの作品で、もちろん若いキャストが中心となってこんな熱いリハーサルをやってる・・・というのがちょっと新鮮でした。
いやぁいいもん見せてもらったわ♪

トークコーナーは大人の男性志村さんが司会で男性キャストが勢ぞろい。
カッキー以外はみんな作品Tシャツ着てたな♪
一和くんはJCS、白瀬くんはたぶんファントム、竹内・加藤・三雲くんが春のめざめで、志村さんが解ってたまるか。
解ってたまるかTシャツなんて売ってたっけ???
フツーに欲しい!
というか激しく欲しい!!

質問コーナーで面白かったのは、
・習い事はバスケと器械体操という一和くんを、志村さんが「背が低いのに?」と散々いじっていたこと
・一和くんの見事なバク天と、なぜかふられた志村さんの見事なでんぐり返し
・三雲くんが「気持ちの切り替えは?という質問で、重い役なので終演後も家に帰ってもひたすら「悲しい」と答えていたこと
・エルンストはハンシェンに結局捨てられ、成功したハンシェンとは対照的に暗い人生を歩むという、竹内くんの見解(原作読んでないからわからないけど、これは原作どおりなの?竹内くんの個人的見解???)
・カッキーのしゃべりが意外とのんびりやさんなこと
・みんながやたらと志村さんに話を振っていたこと
・自分が引いた質問がカッキー個人あてだったので、ほとんどしゃべる機会がなかった白瀬くん
こんな感じ。

ポスタープレゼントは思いっきりカスって隣の人に・・・

こんなリハーサルを観た後だし、
しかも朝のフジTVの特集も見てきたし、
同じような濃いファンが集まっているし、
この日の舞台はとにかく熱かった。
「マジでFUCK!」のあと拍手鳴りやまなかったし。

あと、リハ見見たせいかどうしてもエルンストに目が行ってしまったんだけど、やっぱり竹内くんの動きすごいわ!

とにかく・・・面白かった♪

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

【ウィキッド】あと一回!

千秋楽まであとひと月となったウィキッドを観劇。
夏休みだからか千秋楽が近いからか、お客さんの入りも上々で盛り上がりました♪

エルファバは前回に引き続きドラマティック江畑さん。
ひたむきで、ただひたすらまっすぐに生きてるエルファバがとっても素敵。
歌は相変わらずドラマティック!
そしてパワーアップしてる!!
グリンダ沼尾さんも素晴らしくて、特に2幕の2人のやり取りは本当に心と心をぶつけ合ってるような・・・なんかもう感動しまくって終始泣きっぱなし。
伊藤くんボックは、グリンダをひたむきに愛したがゆえに悲劇を迎えてしまった悲しさがものすんごく伝わってきたし、そのボックをひたむきに愛した山本ネッサにも涙・・・
栗原陛下は思った通りの人だったなぁ(笑)
「ワ・ン・ダ・フルッ!」・・・が楽しくて楽しくて、これならエルフィーもうちとけざるをえないかなって(笑)
北澤フィエロの喉がちょっと心配だけど・・・

とにかく楽しかった!

終わって外に出たらビアライブなるイベントを開催中。
ステージは終わってたけど、枝豆と唐揚げで一杯やっちまいました。

カレッタビアライブ カレッタビアライブ

そのままそこで腹ごしらえしてもよかったんだけど、
新しくできたらしい干物屋さんが気になっていたので移動。
「さわらの西京漬け定食」・・・めっちゃめちゃおいしかった!!!
炭火焼干物食堂 越前屋 甚内


キャスト↓

続きを読む»

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

【プロフィール】

プレ

Author:プレ
琉-UNITとダンスと劇団四季に夢中なプレのレッスン日誌と観劇記。
さらっとカツカツと書き記します。
□KEN'S STYLE DANCE COMPANY
□SHAKE DANCE STUDIO
■琉-CLUB

【おすすめ】
【カテゴリー】
【おすすめ劇団四季】
【リンク】
【月別書庫】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。